top  仏陀とは 静寂庵学舎 癒しの禅語
スッタニパータ 法句経
ブログ Buddha  宿曜術とは



**二七宿原典紹介**
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
宿星
・・・・・
原典
・・・・・・・・・・
此の宿に生まれし人、経倫を善くし、
六畜を豊かにし、所作事多し。
手功所作、人情に叶うも小器なる量のひとなり。
子供は男で三人あり。
性は剛情にして巧みあり。
難病、水難を用心すべし。
運命最上とは云い難きも和善宿にて物事都合よき人なり。




此の宿に生まれし人、頭首を統領し、弁口能く、財物を経営し、所決を巧みに成す。
装束を清め、喫用を愛し、功徳を造り力足し、家風を益す。
性は静かなる時は柔和に万物に冠せざるも高ぶるに至っては五行倶に大尅する質。火難に用心すべし。
物事は控えめが宜し。求めて破る也。




此の宿に生まれし人、質剛柔なり。天仏に供養するを好み、心性は能く事を解し思慮あり。
善良にして、君主の寵愛をうる。
大事より小事を成すに巧みなり。直なれど、一刻も過ぐる故、愛を失うことあり。
謀略巧みなる者あり。
或は愚にして住所の難あるもあり。
また婦女に淫犯し災害来る事あれば慎むべし。




此の宿に生まれし人、貴上に親しみ縁を得て身を全うす。
威徳を有し、男女を足し、銭財を豊かにす。
快活にして、一族を超越して家風を栄しむも末を遂げざるあり。
事を成すに疾速、その為に崖より落つる如き病の危険あり。
何事にも身を慎むべし。




此の宿に生まれし人、族衆に処して皆より愛敬を得、君主に事を承けて礼待を蒙る。
性、悪を摧き、善を奨め、運命皆為す所を得。
智慮深く、物を恐れず、人の虚を窺う質あり。
疑い深き情けありて運を破るなれば慎むべし。




此の宿に生まれし人、衣食を足して庫蔵を多くす。
性は樫渋にして志悪巧みあり、闘争を好む者あり。
能く物を解し、克く慎みを要す人なり。
外に財力を得、花薬を愛す。
争事・剣難に注意。独立よろしからず、大人に従って事を行えば吉運は末にあり。




此の宿に生まれし人、江山を遊び渉り、利潤を経営し、人の為に辛苦に耐ゆ。
淫婦を娶りて病多く、酒を愛す。
大人を恐れず我意強きため目上の憎まれる事あり。
大酒大食すれば身を破り、人を害めるあり、慎むべし。




此の宿に生まれし人、鞍馬を愛し、山林を遊歴し、祈祷祭祀を愛す。
賢良と結び交わりて、技能を多くし銭財を足す。
衆人を恐れず、相手剛ならば尚倍して強なり。


此の宿に生まれし人、力量あり、病少なし。
布施を好み、法律を守り、道業に勧めて宗祖を崇う。
家業盛んなれど、陰性なり。
色難慎むべし。陰謀詐欺に利あり。




此の宿に生まれし人、穀食を足して貯積を多くす。
長貴優れ、君主の寵愛を蒙る神廟を祭るを好み、
終身快楽す。
辛苦に耐ゆる者あり。
困窮の節、悪心生ずるを慎むべし。
其家に生まれて其家の器材を害す。
国に在りては盗賊なり。
故にあまり政治事に関与すべからず。



此の宿に生まれし人、酒を嗜み、淫に耽り、辛苦に耐ゆ。
心胆硬(あら)く、人と交わりを結びて久しく長く終始を存せず。
怒り多く、能く事を処分す。
婦人は再縁を成す者あり。然し家運繁昌の性、其の家を忘れざる性にて子を恵む事深し。
薬性医方を解す。
家運繁盛するも散財火難慎むべし。




此の宿に生まれし人、剛猛にして他に顧みざる癖あり。
怒りを嗜み。劫奪を愛し夜行を能くして恐れざる故に、盗賊闘争を成す者あり。
稟性は軽躁にして進退に早く謀計あり。
正直律儀なるも慈悲少なし。
貴人は宜し、小人は慎み、何事も控えめにすべし。
ただし婦人は柔順の質なり。




此の宿に生まれし人、君主の恩寵を承け、男女多く、布施を愛し、天仏を供養し、教典を習学す。
性は剛猛にして、人を嫌い、物事に慎密なり。
長寿増益を求むるに吉なり。




此の宿に生まれし人、父祖の産業を所有し、自ら経営して銭財を得、総て用い尽くして後に更に之れを得。
性は慎密、人を圧する癖も、義に堅く、布施の業を好む。
遊蕩を為すも、善人を慕い、律儀なり。
短気を慎み、優しくせば、万事に吉。
夫婦の仲思い深し。教典を明らかにす。




此の宿に生まれし人、技能を多くして疾病少なし。
妙に医方を解し、布施を好み、臣下の徳を解す。
田宅足りて僕従多し。
君主に仕えて堅く励む。
性は慎密なれど、親族及び他人との交わり深からず。
我が儘と火難に注意。運は中分なり。




此の宿に生まれし人、心胆硬にして、酒に耽り肉を嗜み、劫奪強暴を作す者あり。
軽躁にして怨讐多し。男女(こども)に恵まれ、僕従多し。
運は四時共盛衰なく他の養いを受けず、智愚の相違甚だしく異なる。
賢く見えて愚なる事多し。
能く人に就いて推知すべし。




此の宿に生まれし人、名誉高き上宿なり。善を念じて和合し、男女を多くす。
学問を勤めて儀容を有す。
性は剛情にして詞弁巧みなり。高徳宿なれば、身上も宜し。
匹夫は気性高く人に憎まれるも身分相応の果報あり。
己れを知る智あるも臆病に近し。
親子仲悪き者あり。色事の難を慎むべし。
日曜に生まる人は貴人となり、火曜に生まるる者学問を勤めば上達すべし。



此の宿に生まれし人、財産を多くし増長せしめ、男女(こども)を足す。性は聡明にして布施を好む。
心胆を有して口語を省き、心意翻さず。
行歩牛王に似て容儀有り。
質剛強の者にも恐れず、人是を憎む。
火難あり。婦人は容貌美麗、沈静にして大徳を享くる。




此の宿に生まれし人、名聞徳行を有し、姿容と心胆浄く慎みあり。貴に近づき愛敬あり。
薬を服するを愛して力を得。心と口は隠密にして挙動軽率ならず。
人の為に法を好み礼儀を問う。
臆病にて血と刃を忌嫌う質なり。酒は運を破る。
水難慎むべし。




此の宿に生まれし人、怒りを嗜み口舌毒害を含む。
心硬く事に望みて怯まず。
悪業を為さんとすれば利益少なし。
貴に近づき能く信を守る。
性は手早く、才気過ぎて身を破るなり。
少し盗心ある者あり。
悪心を抱きて銭財を求むるを慎むべし。




此の宿に生まれし人、手裏の銭財あるいは有り、あるいは無し。情は功を建つるに切にして名誉を愛楽す。
人を作り、官を利し、例え官厄あるも宿徳により解脱を得。
病多く、男女(こども)多し。
徳行により安隠に暮らすも、やや軽率、薄情に似たり。
弱気を助け強きを挫き、争論絶えざる質なれば、人の為に身を破る事あり。慎むべし。




此の宿に生まれし人、相端正にて邪僻なく、学識も広く、妻妾睦まじく、心気あり。
世情に明るく財豊かにして先んじて能く事を処す。
人と親しみ貴人の愛を受く。
病難ありて、ふと心配重なる事あり。




此の宿に生まれし人、軟眼にして睡り多し。
性剛情にして怒りを嗜む。布施を好み、また侵奪も好みて著しく諸事に耽る。
善にも悪にも強く、一切の悪行成るも愚なれば、慎むべし。




此の宿に生まれし人、資産多く、名聞善知識あり、また悪しき知識も多く、悪にも強し。
一生、神を祭るを好む。他人に労すれば繁盛し、独立せば安寧なるも貧し。
他家への縁組みする星なり。言葉に慎むべし。




此の宿に生まれし人、妻多くして男女(こども)少なし。
出ずる語は人意に快く、人の愛を得。
資財は少に似たり。知策あるも多業ならず。
他人の財を得。
柔軟の事をなして安楽に暮らすも、人を見下して誤る事あり。




此の宿に生まれし人、鞍馬に乗り車牛を馭するを愛す。
喫用を布施し、処に触れて遊従す。
穏やかに語り、音楽謡曲を愛し楽しむ。
闘争は宜しからず。執念深く口に毒あり。
自然憎まれ勝ちなれば慎むべし。




此の宿に生まれし人、物事を成すに風の如く疾く、諸宝物事を有す。
州都に遊歴す。稟性は嫉妬、性は裏なり。
病少なし。能く功徳を立て、喜捨し車乗を愛す。






 home   Page top

人生の悩み 家庭問題 夫婦の問題 恋愛や職場の人間関係 仏教の教えを基本とした悩み相談室宿曜術 宿曜経 27宿 運勢鑑定
copyright (c) 2003 vivid seijyakuan
 #2001/05/01 Site open
サイト内のものの無断持ち出し・転載利用を禁止致します。
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー